ジェイテクト、タイの新工場が稼働開始/クロス、シェルベアリングを生産

2015年10月12日

 ジェイテクト(本社:本社:大阪市、名古屋市)は9月29日、タイ国内自動車部品生産拠点JTEKT Thailand Co. Ltd(JTC)が、新工場を立上げ、ステアリングシステムのインターミディエイトシャフトで使用する、クロスとシェルベアリングの現地生産を開始したと発表した。

 これまで、同製品は東京工場でのみ生産をしていたが、今回の新工場立上げにより東京工場以外での生産拠点を構えることとなる。

 また、来年にはニードルローラーベアリングの生産開始も予定している。

■ 新工場概要

工場名:JTEKT (THAILAND) Co. Ltd (JTC) Gateway 工場
所在地:タイ王国 チャチューンサオ県(839 MOO 9, T.HUA SAMRONG A. PLAENGYAO CHACHOENGSAO 24190)
投資額:約57億円
敷地面積:約99,665㎡
建屋面積:約15,110㎡
社員数:約140人(2016年)
生産能力:約400万個/月(インタミ用シェル)
事業内容:ステアリングシステム向けシェルベアリングおよびクロス
稼働開始:2015年9月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ