トヨタ紡織九州、佐賀県唐津市に自動車用シートカバーの新工場

2016年8月29日

 トヨタ紡織九州(佐賀県神埼市)と子会社のTBソーテック九州(佐賀県唐津市)は唐津市に新工場を建設する。25日に、唐津市役所にて唐津市と進出協定を締結した。

 今回、トヨタ紡織九州の中期生産計画において発注量増加が見込まれることから、子会社であるTBソーテック九州の本社工場隣接地に工場を増設する。唐津市は両社の工場新設や安定操業のため、投資・雇用実績に応じた優遇制度を講じるなど支援を行う計画。

 投資額は3億円、土地面積は3,360㎡、延床面積は900㎡で自動車用シートカバーの製造を行う。2023年までに地元雇用80名を予定。2017年10月の操業開始を予定する。

■ 新工場概要

所在地:佐賀県唐津市相知町長部田1067番地(現TBソーテック九州(株)本社工場隣接地)
投資額:3億円
土地面積:3,360㎡
延床面積:900㎡
生産品目:自動車用シートカバー
新規雇用予定:2023年までに地元雇用80名
操業開始予定:2017年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ