ニトリ、大阪府のプロロジスパーク茨木に入居が決定

2016年9月23日

 プロロジス(東京都千代田区)は20日、大阪府茨木市に開発中の物流施設「プロロジスパーク茨木」において、ニトリと、約130,000㎡の賃貸借契約を締結したと発表した。

 今回契約を結んだのは6階建施設の1階~5階部分。ニトリの物流子会社であるホームロジスティクスが、2016年11月から2017年1月にかけて段階的に入居を開始する。

 ニトリはプロロジスのリピートカスタマーであり、愛知県春日井市の「プロロジスパーク春日井」にも入居している。

 ホームロジスティクスは「プロロジスパーク茨木」の先進的な施設性能、事業継続性や従業員雇用への配慮、大阪市内をはじめ西日本全域へアクセスしやすい立地などを評価し、今回の契約に至った。同社は、大阪で運営中の3つの物流拠点を集約統合し、「プロロジスパーク茨木」を西日本における戦略拠点とする計画。

■ 物流施設概要

名称:プロロジスパーク茨木
所在地:大阪府茨木市彩都
敷地面積:約80,200㎡
延床面積:約190,000㎡
構造:RCSS造、地上6階建
着工:2015年6月
竣工予定:2016年9月末

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ