丸運、栃木物流センター第2倉庫が営業開始

2016年11月22日

 丸運(東京都中央区)は21日、建設を進めていた栃木物流センター第2倉庫が竣工し、2016年11月から営業を開始したと発表した。

 今回、近年の真岡地区おける物流需要の高まりに対応して、栃木物流センター第2倉庫を増設し、能力増強を図る。

 増設場所である真岡市下高間木は、北関東自動車道真岡インター入口まで約700mと交通アクセスにも便利な立地にあり、既存の第1倉庫との連携により、今後増量が見込めるアルミ材の効率的な取扱いが可能となる。

 倉庫は天井クレーン、除湿器を設備した3,342㎡の倉庫に加え、805㎡の荷捌スペースがあり、全天候型の倉庫として顧客ニーズに対応する。天井クレーンは25tクレーンを設備し、床耐荷重20t/坪と合わせることで重量物保管には最適な構造となっている。

■ 物流施設概要

所在地:栃木県真岡市下高間木字西原281-1
敷地面積:9,970㎡
倉庫面積:3,342㎡
事務所面積:50㎡
荷捌場面積:805㎡
倉庫形態:一般倉庫(除湿機付き)
設備:25tクレーン(A棟)、2.8tクレーン(C棟)、除湿機、非常用発電機、15t・8t・2.5tフォークリフト、床耐荷重:20t/坪(倉庫)
営業開始:2016年11月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ