ホンダ、中国で第三工場建設

2016年12月9日

 本田技研工業(東京都港区)は8日、成長が続く中国四輪車市場の需要に対応するため、第三工場の建設を決定し、12月8日に起工式を行ったと発表した。

 第三工場は、武漢市武漢経済技術開発地区内にあり、第一工場から南西約8kmの場所に取得した120万㎡の敷地に建設予定。

 稼働開始は2019年前半を計画しており、年間生産能力は12万台、投資額は約30億元を予定。中国四輪車市場で今後拡大が見込まれる電動化にも対応したコンセプトの工場となっている。第三工場稼働後は中国全体での生産能力は、年125万台となる。

 2016年ホンダの中国販売は好調に推移しており、120万台に届く見込み。

■ 新工場概要

所在地:中国・武漢市武漢経済技術開発地区内
投資額:約30億元(約480億円)
敷地面積:1200,000㎡
事業内容:四輪車の製造
年間生産能力:12万台
着工:2016年12月8日
稼働開始予定:2019年前半

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ