国際石油開発帝石、アサヒ飲料北陸工場へ天然ガス供給開始

2017年1月5日

 国際石油開発帝石(東京都港区)[以下:INPEX]は4日、新潟県糸魚川市と富山県富山市を結ぶ天然ガス輸送パイプライン(富山ライン)を通じて、アサヒ飲料 北陸工場へ天然ガスの供給を開始したと発表した。

 北陸工場は、INPEXが2016年10月に全面供用を開始した「富山ライン」の入善バルブステーション(富山県下新川郡入善町)から約400mの場所に位置しており、主に缶コーヒー飲料「ワンダ」を製造する工場。

 今回、INPEXが上越市に建設した直江津LNG基地から送出するLNG気化ガスなどの天然ガスの供給を行う。液化石油ガス(LPG)が天然ガスに切り替わることで北陸工場における二酸化炭素排出量が年間約14%削減され、環境負荷低減が期待されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ