デサントアパレル、吉野工場が竣工/アトリエ機能を拡充

2017年4月14日

 デサントは13日、子会社のデサントアパレル(大阪府大阪市)の吉野工場(奈良県吉野郡)の移転・建て替えを実施し、竣工式を行ったと発表した。

 新工場の建屋面積は約2,000㎡と旧工場の1.4倍となり、ミシンの台数、縫製を担当するオペレーターの人員数をそれぞれ10%増強。水着やランニングアイテム、トレーニングウエアの短納期商品および別注商品など多品種小ロット商品の生産能力を拡充し、水着を指標として、1ヶ月あたり10%の生産量拡大を見込む。

 新工場への移転を機に、アトリエ機能も拡充。アトリエには、型紙を作成するパタンナーが常駐し、サンプル品の型紙作成、裁断、縫製を一貫して行う。

 工場内にアトリエ機能を持つことにより、生産の工程を考慮した縫製仕様の検討ができ、また、サンプルの作成に携わった上で生産を行うことで、精度の高い商品を素早く作成できる。

 このアトリエ機能を活用し、ニット素材のトップアスリート向け高機能競技ウエア(ボブスレー・リュージュ競技ウエア、ランニングウエアなど)の効率的な開発・生産を目指す。

■ 新工場概要

名称:デサントアパレル株式会社 吉野工場
所在地: 奈良県吉野郡大淀町福神3-31
敷地面積:3,967㎡
建屋面積:2,045㎡
構造:S造2階建て
縫製設備台数:250台
製造品目:高機能競技ウエアなど
人員数:49名
竣工:2017年4月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ