トリケミカル研究所、上野原第二工場を増設/6月着工

2017年4月20日

 半導体用材料、光ファイバー用材料、太陽電池用材料などを製造するトリケミカル研究所(山梨県上野原市)は14日、同社保有地に新工場を建設し、既存棟の増築を行うと発表した。

 投資額は約14億円。既存棟1棟を増築し、新棟3棟を建設する。17年6月の着工、18年1月から順次竣工・稼働開始を予定する。

 今回、2020年1月期において2017年1月期比で約40%の売上増、特に半導体向け材料は半導体の用途の拡大や微細化等の影響により約60%の売上増を計画していることから、同工場の生産能力の拡大や、増員の対応、管理体制の向上を図る為、増設を決定した。

 同社は、2008年に上野原第二工場を建設し、昨年には同敷地内に新棟を建設している。

■ 増設概要

所在地:山梨県上野原市上野原8154番地16(自社所有地)
投資額:約14億円(工場及び付帯工事[製造設備含む])
内容:既存棟1棟増築及び新棟3棟建設
着工予定:2017年6月
竣工・稼働予定:2018年1月(順次)

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ