LIXIL、野田事業所内に研究開発棟建設

2017年10月6日

 LIXIL(東京都千代田区)は5日、千葉県野田市の野田事業所内に研究開発棟「LIXIL Housing Technology R&D Center」を開設し、10月10日より業務を開始すると発表した。

 今回、多様化する顧客ニーズに対応するため、新研究開発棟を建設し、研究、企画、設計、検証、試験機能を集約し、商品開発の質とスピードを向上させる。

 施設の外装には、同社が開発したCO2削減・省エネ化など低炭素建築を可能にする、ビル用環境配慮型商材「シーガル」シリーズなど最新技術を採用し、環境に優しくスマートなデザインのファサードを実現するとしている。

■ 施設概要

名称:LIXIL Housing Technology R&D Center
所在地:千葉県野田市中里3000
延床面積:4,400.65㎡
建屋構造:鉄骨造2階建て
設計:[基本設計](株)プランテック総合計画事務所、[実施設計](株)大林組
施工:(株)大林組
竣工:2017年8月
業務開始予定:2017年10月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ