双葉電子工業、松戸精機工場を売却

2017年10月24日

 蛍光表示管大手の双葉電子工業(千葉県茂原市)は20日、千葉県松戸市稔台の松戸精機工場を売却すると発表した。

 土地面積は7,907.59㎡。売却益は14.7億円。現況は遊休資産(土地・建物)。物件引渡日は2017年10月25日。譲渡価額は入札により決定した。

 譲渡先については、国内の事業法人だとしているが、会社名は非公表。譲渡理由は、経営資源の有効活用による資産の効率化を図るため、同社が保有する不動産の譲渡を決めたとしている。

■ 工場売却概要

所在地:千葉県松戸市稔台5-13-3(松戸精機工場)
土地面積:7,907.59㎡
売却益:14.7億円
現況:遊休資産(土地・建物)
契約締結日:2017年10月20日
物件引渡日:2017年10月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ