アイサービス、笠岡港工業団地に新工場建設

2017年11月27日

 冷凍食品・弁当の製造販売を行うアイサービス(広島県尾道市)は岡山県笠岡市港町の笠岡港(港町地区)工業用地①-1、①-2号地に新工場を建設する。

 投資額は土地代含め約30億円。土地面積は約3万8千㎡。延床面積は約8千㎡の鉄骨造一部2階建。従業員数は約200名。うち150名を新規雇用する予定。工場では、冷凍・チルド食品、冷凍弁当の製造を行う。2018年3月の着工、2019年3月の操業開始を予定している。

 今回、取引拡大に伴い生産能力を増強するため、新工場「笠岡工場(仮称)」の建設を決定した。

■ 新工場概要

名称:アイサービス(株)笠岡工場(仮称)
所在地:岡山県笠岡市港町1番34、36(笠岡港(港町地区)工業用地①-1、①-2号地)
投資額:約30億円(土地代約4億8百万円含む)
土地面積:37,692.75㎡
延床面積:約7,980㎡
構造:鉄骨造一部2階建
従業員数:約200名(うち150名を新規雇用)
事業内容:冷凍・チルド食品、冷凍弁当の製造・販売
着工予定:2018年3月
操業開始予定:2019年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ