サンキョーミート、40億円で有明ミート第1工場を増設

2017年12月5日

 伊藤ハムは4日、連結子会社のサンキョーミート(鹿児島県志布志市)が、有明ミート第1工場内の豚と畜・カットラインを拡張すると発表した。

 投資額は約40億円。2018年5月の着工、2019年4月の稼働開始を予定している。

 伊藤ハムグループ食肉事業の中核を担うサンキョーミートは、1981年9月に同社の100%子会社として設立され、と畜場の経営・食肉および食肉加工品の製造販売を行っている。

 サンキョーミートが生産した肉製品は、伊藤ハムを通じて国内外の百貨店、スーパー、食肉専門店へ販売されており、今後も需要の増加が見込まれている。

 今回、豚と畜・カットラインを拡張することにより、豚肉の処理頭数を約4割増加させる。加えて、豚1頭当たりの水使用量も約4割削減可能となる。

■ 増設概要

所在地:鹿児島県志布志市有明町野井倉6965番地(有明ミート第1工場内)
投資額:約40億円
生産能力:約47万頭/年
着工予定:2018年5月
稼働開始予定:2019年4月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ