マルハニチロ、南さつま種苗センターを竣工

2018年3月14日

 マルハニチロは13日、子会社でマグロ養殖事業を展開する奄美養魚(鹿児島県奄美市)が建設を進めていた南さつま種苗センターが完成し、3月10日に竣工式を行ったと発表した。

 施設では、南さつま市の綺麗な海、温暖な気候、水温等、養殖に適した環境のもと、カンパチおよびブリの完全養殖を目的とした人口種苗の生産を行う。

 初年度となる2018年度は、カンパチの種苗生産より着手し、その後ブリやその他の魚種に拡大していく計画。

■ 施設概要

名称:(有)奄美養魚 南さつま種苗センター
所在地:鹿児島県南さつま市坊津町久志字上川837
敷地面積:7,615.63㎡
設備面積・建物:1,615㎡
事業内容:カンパチおよびブリの完全養殖を目的とした人口種苗の生産
竣工:2018年3月10日
稼働開始予定:2018年6月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ