テクノ菱和、横浜市大棚町にR&Dセンター建設

2018年5月14日

 設備工事事業を展開するテクノ菱和(東京都港区)はこのほど、横浜市都筑区大棚町に新研究開発施設「(仮称)テクノ菱和R&Dセンター」を建設すると発表した。

 投資額は土地代含め約22億円。延床面積は約2,400㎡の地上3階。施設は、技術開発研究所(各種実験室、デモ検証室、執務室等)兼横浜支店事務所となる。2018年9月中旬の竣工を予定している。

 今回、コア事業である環境エンジニアリングに関する研究開発拠点として、また、ステークホルダーへの省エネ・環境技術の発信拠点として、新研究開発施設の建設を決定した。

■ 研究所概要

所在地:神奈川県横浜市都筑区大棚町3001-2、3、4
投資額:約22億円(土地代含む)
延床面積:2,397.40㎡
構造:S造 地上3階
施設概要:技術開発研究所(各種実験室、デモ検証室、執務室等)
    :横浜支店事務所
竣工予定:2018年9月中旬

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ