デンソーエアクール、安曇野市の本社工場に実験棟建設

2018年5月18日

 車両用空調機器を製造するデンソーエアクール(長野県安曇野市)は、本社工場に実験を棟建設する。

 投資額は建物、機械装置に約8.5億円。新規雇用予定は14名。施設では、特殊車両用空調機器(バスエアコン、農建機用エアコン、冷凍機)の性能・信頼性評価試験を行う。2019年3月の稼働開始を予定している。

 同事業は「信州ものづくり産業投資応援条例」に認定され、5月23日に長野県庁にて認定式が行われる予定。

■ 研究所概要

所在地:長野県安曇野市穂高北穂高2027番地9(本社工場)
投資額:約8.5億円(建物、機械装置)
新規雇用予定:14名
事業内容:特殊車両用空調機器(バスエアコン、農建機用エアコン、冷凍機)の性能・信頼性評価試験
稼働開始予定:2019年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ