加賀マイクロソリューション、福島・須賀川市に新工場/11月着工

2018年5月30日

 加賀電子は29日、子会社の加賀マイクロソリューション(東京都千代田区)が福島県須賀川市に新工場を建設すると発表した。

 同社は、国内4カ所、海外2カ所で、通信機器、コンピュータ・コンピュータ周辺機器などエレクトロニクス製品の開発・製造・販売から修理・リユース・リサイクル事業を展開している。

 今回、国内拠点計画の一環として、2018年3月に閉鎖した飯田事業所の製造機能を移管するとともに昨今の受注増を背景として手狭となった山形事業所の一部機能も移管し、国内生産機能の強化を図る。

 これにより、東京事業所(埼玉県入間市)などの既存施設と合わせ、5拠点体制となる。さらに、同工場をマザー工場として位置づけ、中国・マレーシアで展開する海外2拠点との連携を深めるとともに、加賀電子グループがもつ他の海外拠点と連携することで最適化を進め、経営体質の強化と事業収益性の向上を目指す。

 なお、同建設計画は経済産業省による「津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金」の指定事業に選定されている。

■ 新工場概要

名称:加賀マイクロソリューション(株) 福島事業所(仮称)
所在地:福島県須賀川市森宿
投資額:約12億円(土地取得及び建屋・機械設備含む)
敷地面積:約29,400㎡
延床面積:約6,000㎡
従業員数:50名程度(正社員)
着工予定:2018年11月
竣工・稼働予定:2019年7月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ