クレハエクストロン、茨城県かすみがうら市に新工場

2018年5月31日

 クレハは29日、子会社のクレハエクストロン(東京都太田区)が、茨城県かすみがうら市に新工場を建設すると発表した。

 今回、切削用の合成樹脂素形材の押出加工を行うクレハエクストロンと、合成樹脂フィルムの押出加工を行うとするクレハエクステックが合併する。合併後のクレハエクストロンの本社と工場は、現クレハエクステックの工場建屋の更新とあわせ、2019年10月までに茨城県かすみがうら市(現クレハエクステックの所在地)に建屋を建設し、移転する。

 合併は、2019年4月1日を予定しており、クレハエクストロンを存続会社とする吸収合併とし、クレハエクステックは解散する。

■ 新工場概要

所在地:茨城県かすみがうら市宍倉5691(現クレハエクステック)
投資額:約21億円(建屋)
事業内容:樹脂加工の技術開発、製造、販売
完成予定:2019年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ