島根島津、出雲市の本社工場増設

2018年7月18日

 島津製作所の子会社で医用機器の製造を行う島根島津(出雲市斐川町)は、出雲市の本社工場を増設する。

 投資額は約17.4億円。延床面積は6,717㎡の鉄骨造3階建。新規雇用予定は操業後3年で15名。工場では、デジタル回診用X線装置等を製造する。2019年4月の操業開始を予定している。

 今回、既存敷地内に新棟を建設し、構内物流の効率化を図るとともに、生産設備を増強し生産強化を行う。あわせて、製品の開発期間の短縮とコストダウンを図るため、「設計試作センター」を新工場内に設立する。

■ 増設概要

所在地:島根県出雲市斐川町直江2698番地(本社工場)
投資額:約17.4億円(建物/14.4億円、償却資産/3億円)
延床面積:6,717㎡
構造:鉄骨造3階建
新規雇用予定:15名(操業後3年)
事業内容:デジタル回診用X線装置等の製造
操業開始予定:2019年4月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ