デサント、大阪府茨木市に研究開発拠点

2018年7月19日

 デサント(大阪市天王寺区)は18日、スポーツアパレルの研究開発拠点「DISC(ディスク)」を大阪府・茨木市に開設したと発表した。

 施設は、同社独自のサーマル発汗マネキンをはじめ、クライマート(人工気象室)、人工降雨室、全天候型トラック、プロダクションスタジオ(型紙作成から縫製まで、サンプル作成の全工程を行うスペース)などを設置し、これまで大阪オフィス内で行っていた研究開発機能を強化する。

 機能の開発、製品化、開発した製品の評価検証という一連の工程を「DISC」内で完結できることで、 高機能・高品質な商品を、スピード感を持って生み出すことを目指す。

 これにより、産学連携や異業種との共同開発の拠点としても活用することで商品開発力の幅を広げ、「モノ創りの力」強化による市場競争力強化を図る。

■ 施設概要

所在地:大阪府茨木市彩都やまぶき2丁目3番2号
敷地面積:22,220㎡
建屋面積:3,487㎡
延床面積:4,401㎡
構造:鉄骨造2階建て
主要設備:クライマート、人工降雨室、スポーツパフォーマンススタジオ、全天候型トラック、100m走路、機能・品質評価ラボ、プロダクションスタジオなど
開設:2018年7月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ