日本車輌製造、米国・イリノイの工場閉鎖

2018年7月30日

 日本車輌製造(愛知県名古屋市)はこのほど、米国子会社のNIPPON SHARYO U.S.A.,INC.(日車USA)がイリノイ州ロシェル工場を閉鎖すると発表した。

 今回、市場の動向や同社及び日車USAの財務状況を踏まえ、最適な生産体制について検討を進めた結果、米国工場の閉鎖を決定したとしている。

 米国工場閉鎖後、既存顧客に対するサービス等については、引き続き日車USAの子会社である NIPPONSHARYO MANUFACTURING, LLCにおいて対応する。

 従業員については、これまでに雇用調整を進めており既に適切な体制となっている。閉鎖後の米国工場については、今後、第三者へ売却等を進める予定。

■ 閉鎖工場概要

所在地:米国イリノイ州ロシェル市
敷地面積:230,000㎡
延床面積:73,000㎡
生産能力:120両程度/年(ギャラリー型客車換算)
直近の生産状況:2017年に14両生産(2017年10月以降、同工場における生産実績無し)
工場閉鎖予定:2018年8月末

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ