ハーモニック・ドライブ・システムズ、有明工場内に新工場2棟建設

2018年8月20日

 ハーモニック・ドライブ・システムズ(東京都品川区)はこのほど、有明工場内に新工場2棟(第3号棟、第4号棟)を建設すると発表した。

 今回、「ハーモニックドライブ」の生産能力を増強する為、約120億円を投資する。工場棟竣工後は段階的に設備投資を実施し、今後の需要増加が見込まれる産業ロボット向け、半導体製造装置向け、フラットパネルディスプレイ製造装置向けなどを中心に同製品の生産能力を引き上げる。

 設備投資により、2020年度には現在の中核工場である穂高工場(長野県安曇野市)と合わせ、国内生産能力を月産20万台とする計画。

■ 新工場概要

所在地:長野県安曇野市穂高有明5103(有明工場)
投資額:約120億円(新工場2棟の建設投資額)

◇ 第3号棟
建築面積:1,890.32㎡
延床面積:6,040.40㎡
着工予定:2018年11月
竣工予定:2019年7月末
稼働予定:2019年9月初

◇ 第4号棟
建築面積:13,041.06㎡
延床面積:21,818.77㎡
着工予定:2018年9月
竣工予定:2019年7月末
稼働予定:2019年9月初

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ