東芝ライテック、沼津工場を閉鎖

2018年9月18日

 照明器具・管球を製造する東芝ライテック(神奈川県横須賀市)は14日、静岡県沼津市の沼津工場を閉鎖すると発表した。

 今回、モノづくり力の強化と経営効率向上のため、鹿沼工場(栃木県)に沼津工場の機能を集約し、2019年3月末をめどに沼津工場を閉鎖する。

 これに伴い、鹿沼工場では沼津工場生産品のための製造スペース拡張を行う予定。

■ 沼津工場概要

所在地:静岡県沼津市原2608-58
敷地面積:34,338㎡
設立:2001年5月
従業員数:235名(2018年9月1日現在)
製造品目:LED照明器具(ベースライト)、照明制御機器 等
閉鎖予定:2019年3月末

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ