ゼニス羽田ホールディングス、千葉の太陽光型植物工場が稼働

2018年9月18日

 ゼニス羽田ホールディングスは13日、千葉県山武郡で建設を進めていた太陽光型植物工場が今年10月に稼働すると発表した。

 今回、旧千葉第一工場跡地に太陽光型植物工場が完成。同社は2018年10月1日に新持株会社(株)ベルテクスコーポレーションを設立し(株)ホクコンと経営統合するが、アグリ事業をベルテクスグループの新規事業として今後本格稼動させる。

■ 植物工場概要

名称:ベルテクスファーム房総
所在地:千葉県山武郡横芝光町横芝1226(JR総武本線横芝駅隣接)
投資額:8,400万円(建築費、設備費)
設置面積:2,295㎡
栽培方法と栽培品目等:メビオール(株)が開発したアイメックフィルムを使用した 高糖度ミニトマトを栽培
稼働開始予定:2018年10月中旬

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ