メドレックス、香川の本社工場内に治験薬設備導入

2018年9月26日

 医薬品を製造するメドレックス(香川県東かがわ市)は東かがわ市の本社工場内に治験薬設備を導入する。25日、香川県企業誘致助成金の助成措置対象施設に指定された。

 投資額は約5億円。設備は、既存の建物内374㎡に設置する。新規雇用予定は5名。2019年6月の稼働開始を予定している。

 今回、注射以外の手段によるワクチンや薬物などの投与方法として開発中のマイクロニードルアレイ(無痛で皮膚からワクチンや薬物などを投与できる微小針集合体)の実用化に向けた臨床試験を行うための設備を導入する。

■ 設備投資概要

所在地:香川県東かがわ市西山431番地7(本社工場)
投資額:約5億円
設置面積:374㎡(既存の建物内に設置)
新規雇用予定:5名
稼働開始予定:2019年6月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ