東芝、横浜事業所内に新工場/162億円

2018年10月18日

 東芝は16日、グループのリチウムイオン二次電池事業の生産体制強化を目的として、横浜市磯子区の横浜事業所内に新工場を建設すると発表した。

 同社の子会社である東芝インフラシステムズ(TISS)はリチウムイオン電池「SCiB」を電気自動車やハイブリッド車、鉄道車両、電力用途等向けに製造している。

 今回、市場拡大が見込まれていることから、製造を担うTISS柏崎工場に加えて横浜事業所内に新工場の建設を決定した。

 新工場は、今後の国内外での事業拡大を前提に、製品・製造に係る技術等開発も担う拠点として位置付ける予定。

■ 新工場概要

所在地:神奈川県横浜市磯子区新杉田町8(東芝横浜事業所内)
投資額:162億円(建屋及び設備)
延床面積:27,000㎡
構造:鉄骨造3階建
製造品目:リチウムイオン二次電池
着工予定:2019年7月
稼働予定:2020年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ