JMC、静岡県浜松市に新工場

2018年11月5日

 鋳造事業など行うJMC(神奈川県横浜市)はこのほど、浜松市に鋳造事業の加工工程の新工場を建設すると発表した。

 同社の鋳造事業での前年度第4四半期からの受注増加は、自動車のEV化にともなう新規試作開発だけではなく、内燃機関系で高度な技術を必要とする案件やモータースポーツ用等の高付加価値案件も増加しており、輸送用製造メーカーの幅広い需要に対応するため、加工工程においても高度な技術力が必須となっていた。

 今回、加工工程の生産体制を拡充し、技術的難易度の高い案件のニーズに対応することによる受注増加を目指し、外注委託していた案件を内製化することを目的に、新工場を建設する。

 新工場では、機械加工技術者の現地採用を予定しており、鋳造事業の加工工程は、コンセプトセンターと新工場の2拠点で行なう予定。

 また、静岡県浜松市は同社の顧客や協力企業も多く、愛知県名古屋エリアへのアクセスにも良好なエリアであることから、東海地域の潜在顧客も多く所在していることから、中長期的な営業戦略上の営業拠点としての役割も担う予定。

■ 新工場概要

所在地:静岡県浜松市
投資額:約6億円(土地、建物、設備および機械等の取得)※機械の取得1億5千万円についてはファイナンス・リースにより取得予定
延床面積:約1,500㎡
用地取得予定:2018年中
着工予定:2019年6月
稼働予定:2019年12月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ