村上開明堂、藤枝工場に電波ノイズ試験室

2018年12月12日

 村上開明堂(静岡県静岡市)は10日、藤枝工場内に電波ノイズ試験室を新設し、12月より稼動を開始したと発表した。

 近年、自動車のエレクトロニクス化にともない、主力製品の自動車用バックミラーも電子化の拡がりが見込まれている。

 今回、電子ミラー開発強化に向けて、自社内に各種電波試験機を整備し、製品が外部から受ける電磁波、製品自体が外部に与える電磁波の影響を即時に計測できる体制を構築した。

 電波ノイズ試験室には、新設の電波暗室やシールドルームの他、従来保有している設備機器を一箇所に集約することで、製品の電波試験だけでなく、使用する電子部品の評価にも活用し、品質確保や開発期間の短縮を目指す。

■ 設備投資概要

設備名称:電波ノイズ試験室
所在地:静岡県藤枝市兵太夫748番地(藤枝工場内)
投資額:2.2億円
設置面積:約320㎡
主な設備:電波暗室、シールドルーム、伝導エミッション試験機、アンテナ照射試験機、高圧ノイズ試験機、TEMセル試験機、レーダーパルス試験機
稼動開始:2018年12月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ