インスペック、秋田の本社工場増築

2018年12月18日

 半導体検査装置メーカーのインスペック(秋田県仙北市)は17日、本社工場の敷地を活用し、生産工場の増築を行うと発表した。

 主力製品(ハイエンド基板向けAOIやフレキシブル基板向けロールtoロール型検査装置等)の受注が増加しており、生産能力の強化が必要となっていた。

 今回、今後の中期的見通しをもとに、現有の工場面積を倍増させ、生産能力を2倍強に増強する。

■ 増築概要

所在地:秋田県仙北市角館町雲然荒屋敷79-1
投資額:約3.5億円
増築面積:993㎡
生産能力:現状の2倍強
着工予定:2019年5月
竣工予定:2019年12月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ