三菱ケミカル、四日市事業所でリチウムイオン二次電池向け電解液の増産

2018年12月28日

 三菱ケミカル(東京都千代田)は26日、四日市事業所(三重県四日市市)でリチウムイオン二次電池向け電解液の生産能力を、現在の年間11,000トンから16,000トンに増強すると発表した。

 国内外において、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド自動車(PHEV)、ハイブリッド自動車(HEV)の市場は急速に拡大している。日本国内ではすでに乗用車の総販売台数の約25%が電動化されており、今後も着実に電動化が進むと見込まれている。

 同社のリチウムイオン電池向け電解液は、低温環境下でも高い出力性を保ち、添加剤の技術によって電極での副反応を抑えることにより、耐久性に優れ安全性も高いことから、日、米、欧を中心とする市場の車載用電池向けに採用されている。

 今回、需要増に対応するため、製造ラインのデボトルネッキングや製品出荷・輸送の効率化製品検査工程におけるデジタル化投資等により、5,000トンの能力増強を実施する。またこれらの投資により、安全・品質管理レベルの向上を図る。

■ 設備投資概要

所在地:三重県四日市市東邦町1番地(四日市事業所)
事業内容:リチウムイオン二次電池向け電解液
増産能力:5,000トン/年(11,000トン/年から16,000トン/年)

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ