大和ハウス工業、岩手県北上市の物流施設を着工

2019年1月22日

 大和ハウス工業(大阪市)は21日、岩手県北上市の北上南部工業団地で北東北最大級となる大型マルチテナント型物流施設「DPL岩手北上Ⅱ」を2月1日に着工すると発表した。

 今回、2017年10月に竣工したマルチテナント型物流施設「DPL岩手北上Ⅰ」が満床になったことを受け、同施設の隣接地に「DPL岩手北上Ⅱ」を開発する。

 場所は、東北自動車道「北上金ヶ崎インターチェンジ」から約400mと近接しており、東北全域や関東へのアクセスが容易なため、物流エリアの広域化・複雑化が進む中で、テナント企業のニーズに対応可能な立地となっている。

 施設は、半導体・自動車部品関連企業や東北全域への配送を手掛ける卸小売業者等、複数のテナント企業の入居を想定したマルチテナント型物流施設。昨今の物流業界における市場環境の変化に伴った幅広い物流ニーズに応えることができる。

■ 物流施設概要

名称:「DPL岩手北上Ⅱ」
所在地:岩手県北上市相去町大松沢1‐117
投資額:約50億円
敷地面積:47,874.19㎡
延床面積:約32,500㎡
賃貸面積:約28,900㎡
構造・規模:鉄骨造 平屋建て
建物用途:マルチテナント型物流施設
事業主:大和ハウス工業(株)
設計・施工:(株)福田組
着工予定:2019年2月1日
竣工予定:2019年9月下旬
入居予定:2019年10月上旬

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ