サラダクラブ、遠州工場建て替え

2019年2月7日

 サラダクラブ(東京都調布市)は4日、静岡県周智郡の遠州工場を新たに建て替え、5日より稼働を開始したと発表した。

 同社は、国内に7つの直営工場を有し、遠州工場は2006年より東海、北陸エリア向けにパッケージサラダを製造している。

 今回、パッケージサラダの需要増加と建物の老朽化に伴い工場を新設する。新工場では、省力化ライン導入による効率化・高品質化を図るとともに、生産能力を強化し、人と野菜に優しい工場を目指す。加えて、同社初となる一般消費者向けの見学通路を新設する予定。

■ 新工場概要

所在地:静岡県周智郡森町向天方888
建築面積:約3,980㎡
事業内容パッケージサラダの製造
使用野菜:約25種類
供給エリア:東海・北陸エリア
竣工:2019年1月29日
稼働開始:2019年2月5日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ