ヤマシンフィルタ、横須賀市光の丘に土地取得

2019年2月19日

 建設機械用フィルタを製造するヤマシンフィルタ(神奈川県横浜市)は14日、横須賀市光の丘に研究開発拠点の建設用地として土地を取得すると発表した。

 場所は、神奈川県横須賀市光の丘2568番68。取得価額は15億8千7百万円。土地面積は約3万5千㎡。取得先は国内法人1社としている。

 今回、独自の量産化技術に基づく「合成高分子系ナノファイバー」の事業化に向けた研究開発を進め、高付加価値の製品ラインナップの拡充強化を図るとともに、現在横浜・横須賀・佐賀に分散している研究開発拠点の集約を図ることで、研究開発体制の合理化・効率化を図る。

■ 土地取得概要

所在地:神奈川県横須賀市光の丘2568番68
取得価額:15億8千7百万円(付随費用を含む)
土地面積:35,194.87㎡
取得先:国内法人1社
契約日:2019年2月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ