京セラ、27億円で川崎工場に新棟

2019年2月25日

 京セラ(京都府京都市)は、川崎区千鳥町の川崎工場に新棟を建設する。

 投資額は約27億円。雇用予定は70名。2020年7月10日の操業開始を予定している。

 今回、川崎区千鳥町にある工場敷地内に新工場を建設し、半導体向けに利用される有機化学材料である銀シンタリングペーストの製造を行う。

■ 新工場概要

所在地:神奈川県川崎市川崎区千鳥町9-2(川崎工場)
投資額:約27億円
雇用予定:70名
事業内容:銀シンタリングペーストの製造
操業開始予定:2020年7月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ