澁澤倉庫、横浜市に研究所兼物流倉庫

2019年2月27日

 澁澤倉庫(東京都江東区)は25日、神奈川県横浜市に研究開発施設と物流倉庫を併設した建物を建設すると発表した。

 施設は、JR京浜東北線・京浜急行線の新子安駅から徒歩約10分、首都高速子安インターチェンジから約700mと至近に位置し、横浜港や羽田空港からのアクセスが良く、また研究開発施設は、階高7.8m、床荷重 1.0~1.5t/㎡、大型機器が搬送可能なエレベーターを設置するなど、本格的かつ高度な研究開発が可能な仕様となっている。

 新施設の竣工により、研究開発施設と横浜港を中心とした高品質な物流サービスを提供することにより、顧客の多様な物流ニーズに対応する。

■ 施設概要

名称:澁澤ABCビルディング2号館
所在地:神奈川県横浜市神奈川区
敷地面積:約10,860㎡(全22,584㎡)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)地上5階建
延床面積:23,894㎡
竣工予定:2020年2月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ