フジ技研カゴシマ、本社工場内にC棟建設

2019年3月4日

 フジ技研の子会社で自動車用検査治具・溶接治具の設計製造を行うフジ技研カゴシマ(鹿児島県曽於市)は、本社工場内に新棟を建設する。

 投資額は3億円。建物面積は約2,672㎡。新規雇用予定は5名。2019年3月の着工、同年9月の操業開始を予定している。

 今回、生産設備の充実により、生産効率の向上を図るとともに、新たに自動車部品の製造用ロボットを自社で製作し、量産メーカーに供給する計画。

■ 新工場概要

工場名:(株)フジ技研カゴシマC棟
所在地:鹿児島県曽於市末吉町深川11111-6(既存敷地内)
投資額:3億円
建物面積:2,672.67㎡
新規雇用予定:5名
事業内容:自動車用検査治具・溶接治具・小ロット量産用ロボット設計製造
生産計画:5億円(初年度)
    :6億円(3年目)
    :7億円(5年目)
着工予定:2019年3月
操業開始予定:2019年9月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ