日本GLP、千葉県流山市に「GLP流山III」を竣工

2019年3月12日

 日本GLP(東京都港区)は5日、千葉県流山市でマルチテナント型物流施設「GLP流山III」を竣工したと発表した。

 施設は、日本ロジステック(株)および他1テナントとの賃貸借契約により、満床となっている。

 ワンフロア当たりの床面積は約20,000㎡で、ランプウェイにより1・3階へのアクセスが出来、2層使いによる規模を活かしたオペレーションが可能。

 BCP対策としては、免震構造の採用のほか、非常時に井戸水を利用したトイレ洗浄を可能にした点や非常用発電機による一部事務所エリアへの電気供給などが挙げられる。

 加えて、(株)地層科学研究所が提供する、地震センサーを用いたクラウド型の最新地震モニタリングサービスを採用する。今後、日本GLPの他施設にも導入を予定しており、それにより地震発生時に複数施設の震度などを一元的に把握することができ、復旧の優先順位の判定と初動の迅速化を図る計画。

■ 物流施設概要

施設名:「GLP流山III」
所在地:千葉県流山市南401番地
敷地面積:41,703㎡
延床面積:89,385㎡
構造:PC/免震構造
着工:2017年10月
竣工:2019年2月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ