エア・ウォーター、守山市のエアセパレートガス充填工場が完成

2019年3月14日

 エア・ウォーターは12日、子会社の近畿エア・ウォーターが滋賀県守山市に建設を進めていたエアセパレートガス充填工場が完成し、稼働を開始したと発表した。

 今回、近畿地区を事業エリアとする近畿エア・ウォーターでは、産業・医療用シリンダーガスのさらなる事業展開を見据え、近畿地区に7 箇所ある充填工場に加え、充填工場の空白地域であった湖南エリアに位置する同社京滋支店の敷地内に、8 箇所目のエアセパレートガス充填工場を新設した。

 同地域を中心とする周辺エリアは、物流の利便性が良いことに加え、電気、機械、電子部品をはじめ様々な業種の大規模製造業が集積しており、さらなる需要の拡大が見込まれている。

■ 新工場概要

名称:近畿エア・ウォーター守山工場
所在地:滋賀県守山市大門町377番地1(近畿エア・ウォーター京滋支店内)
延床面積:約800㎡
生産品目:酸素、医療用酸素、窒素、アルゴン、炭酸ガス
稼働開始:2019年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ