赤井工作所、和歌山・岩出市に第3工場建設

2019年3月18日

 機械設計製作、金属加工を行う赤井工作所(和歌山県岩出市)は、岩出市根来に第3工場を建設する。

 投資額は建物・設備に約2億7,700万円。敷地面積は約2,200㎡。延床面積は約1,300㎡。新規雇用は操業後3年間で正社員17名を予定。2019年7月の操業開始を予定している。

 同社は主に工作機械用のカバーや重機用のカバー、半導体製造装置、建設機械等に使用される手の平サイズの物から数十メートルという大型カバーまで多岐にわたる金属加工を手掛けている。

 今回、産業機械用製品の受注増に対応し、更に大型の製品の組立を行い、生産性を向上させるため、工場を増設することとした。

■ 新工場概要

所在地:和歌山県岩出市根来2024-1
投資額:約2億7,700万円(建物・設備)
敷地面積:2,217㎡
延床面積:1,301.25㎡
新規雇用予定:正社員17名(操業後3年間)
操業開始予定:2019年7月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ