エア・ウォーター、岩手県紫波郡に新工場

2019年4月1日

 エア・ウォーターは3月28日、子会社の東北エア・ウォーターが岩手県紫波郡の同社敷地内に、シリンダー充填工場を建設すると発表した。

 今回、東北地区を事業エリアとする東北エア・ウォーターでは、産業・医療用シリンダーガスのさらなる事業展開を見据えてシリンダー充填工場を新設する。

 新充填工場においては、最新鋭の充填設備を導入することで、充填ロスの削減を図るとともに、容器移動にはパレット方式を採用することで作業の効率化を進めるほか、災害時におけるガスの安定供給にも対応できるよう、容器転倒防止対策を考慮した設備レイアウトとしている。

 なお、新たに建設するシリンダー充填工場と合わせて、既設の岩手工場(「VSU プラント」)の運営については、同社グループと東北酸素グループとの合弁会社である岩手液酸が行う。東北酸素との協業により、地域に密着した事業展開を進め、安定供給ネットワークの拡充を図る。

■ 新工場概要

所在地:岩手県紫波郡紫波町犬渕工業団地内(エア・ウォーター岩手工場(VSU)、東北エア・ウォーター岩手支店敷地内)
延床面積:約1,400㎥
生産品目:酸素、医療用酸素、窒素、医療用窒素、炭酸ガス
運営会社:岩手液酸(株)[2019年6月設立予定]
出資比率:エア・ウォーターグループ70%、東北酸素グループ30%
着工:2019年3月28日
完工予定:2019年9月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ