ファナック、本社敷地内に新工場/120億円投資

2019年4月10日

 ファナック(山梨県忍野村)は9日、山梨県忍野村の本社工場敷地内に新工場を建設すると発表した。

 今回、サーボモータ部品加工工場(2棟)を統合し、サーボモータ部品加工の効率化と内製化を進めるため、新工場の建設を決定した。

 投資額は約120億円(生産設備費用は含まず)。延床面積は約55,200㎡の鉄骨造 地上3階建。新工場では、サーボモータ用部品加工を月間15万台計画する。加えて、サーボモータ組立も行う。2019年9月の稼働開始を予定している。

■ 新工場概要

所在地:山梨県南都留郡忍野村(本社敷地内)
投資額:約120億円(生産設備費用は含まず)
延床面積:約55,200㎡
構造:鉄骨造 地上3階建
事業内容:サーボモータ用部品加工(主にモータシャフト、フランジ)、サーボモータ組立(小型モータ、内蔵ブレーキユニット、検出器)
生産能力:サーボモータ用部品加工 15万台/月
稼働開始予定:2019年9月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ