三菱ケミカル、米国で樹脂の生産能力増強

2019年4月24日

 三菱ケミカル(東京都千代田区)は23日、米国子会社のNoltex,L.L.C.が食品包装材などに使われるエチレン・ビニルアルコール共重合樹脂(以下:EVOH)の生産能力を増強すると発表した。

 EVOHは高いガスバリア性を有しており、食品包装材として用いることで、食品の風味や品質を長持ちさせ、食品廃棄物の削減に貢献することが可能。

 近年のライフスタイルの変化による個包装化の進展、また防腐剤や食品添加物削減のニーズの高まりに加え、新興国市場の成長を背景にEVOHの需要は世界的に拡大しており、今後も堅調な伸びが見込まれている。

 同社は、日本(岡山県倉敷市)、米国、英国の3極にEVOH「ソアノール」の製造拠点を有し、世界有数の市場シェアを獲得している。今回の能力増強により、食品包装材の需要拡大に対応する。

■ 設備投資概要

会社名:Noltex,L.L.C.
所在地:米国テキサス州
製造品目:エチレン・ビニルアルコール共重合樹脂「ソアノール」
増産能力:3,000トン(同拠点全体:4.1万トン)
稼働開始予定:2020年夏

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ