シライ電子工業、中国広東省に第2工場建設

2019年5月21日

 シライ電子工業は20日、孫会社の白井電子科技(珠海)有限公司敷地内に新工場を建設すると発表した。

 海外主力の自社工場である珠海工場は、近年のカーエレクトロニクス分野の電装化に伴う受注拡大により、品質要求の高い車載関連の基板をメインに生産する工場に成長し、操業から約10年が経過している。

 今後もカーエレクトロニクス分野は自動運転技術をはじめ、さらなる電装化が進み市場の拡大が見込まれている。また、高品質な製品の安定供給体制を構築するため、現在の工場敷地内に新工場(第2工場)を建設し、海外事業の拡大を図る。

 今回の投資により一部既存設備の更新を含めた生産体制の効率化等で、生産能力は約20%程度の増強を計画している。また、今後の市場環境を見極めながら更なる生産能力の拡大に向けた投資(第二期投資)を検討する予定。

 第二期投資まで完了した場合、生産能力は現在の月産約10万㎡から最大月産約15万㎡まで拡大する見込み。

■ 新工場概要

名称:(仮称)白井電子科技(珠海)有限公司 第2工場
所在地:中国広東省珠海市三灶鎮定湾七路2号
投資額:約29億円
延床面積:17,600㎡
操業開始予定:2021年1月頃

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ