横浜冷凍、福岡市に「アイランドシティ物流センター」建設

2019年8月5日

 横浜冷凍は2日、福岡県福岡市に建設を計画していた「アイランドシティ物流センター(仮称)」の起工式を行ったと発表した。

 同センターが位置する福岡市の博多港は、沖縄(那覇港)や東南アジアなど、国内外の主要貿易港とのアクセスに優れ、各国から貨物が集まる輸入港となっている。

 また、東南アジア主要港に積み替え無しでの海上輸送が可能なことから、近年では農林水産品の輸出取扱にも力を入れている。

 中でも1994年から開発が進むアイランドシティは、国際物流拠点としての港湾機能の強化がされており、大型コンテナ船が同時接岸できる国際コンテナターミナルや高速道路の整備も予定され、日本各地と世界を結ぶマルチ・クロス・ポートとして、今後もさらなる発展が期待されている。

 設備には、自然冷媒(NH3、CO2)を用いた貨物に優しい自然対流冷却方式(Sittory2)を採用。電動式移動ラックは「カーゴナビゲーションシステム」と連動させることで、フォークリフトによる庫内入出庫作業を円滑にし、作業時間の短縮化を図る。

■ 物流施設概要

名称:アイランドシティ物流センター(仮称)
所在地:福岡県福岡市東区みなと香椎3-29-8アイランドシティみなとづくりエリア内
敷地面積:14,503.75㎡(4,387.38坪)
延床面積:27,206.95㎡(8,230.10坪)
構造:鉄筋コンクリート造4階建
収容能力:32,264.96トン(F級31,593.52トン、C級671,44トン)
主な設備:高効率自然冷媒冷凍機、屋上太陽光発電システム(487.4kW)、電動式移動ラック、カーゴナビゲーションシステム、トラック予約受付システム
竣工予定:2021年1月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ