日水物流、大阪舞洲物流センターを増設

2019年11月8日

 日本水産は7日、子会社の日水物流が「大阪舞洲(まいしま)物流センター」を増設すると発表した。

 大阪舞洲物流センターは、日水物流の西の拠点として大阪北港に2016年4月に開業。労働力不足による人件費の負担増があるものの、事業は順調に推移しており、近年は阪神港周辺での貨物の増加とともに保管スペースがひっ迫する状況となっている。

 増設棟は、既存棟に隣接しており、内部で連結している。保管能力は既存棟を若干上回る規模で、増設棟竣工により同センターの庫腹は倍増して50,000トンとなり、ニッスイグループ最大規模となる。投資額は総額46億円を見込んでいる。

 また、人手不足に対応して自動倉庫や移動ラックを一部で導入しており、将来的には無人フォークリフトの導入にも備えた設計とした。

 さらに、既存棟と同様、昨今の冷蔵倉庫の必須事項であるフードディフェンス対策や地震対策を講じて、貨物の安全・安心を確保した。自然冷媒を使用した冷凍機を導入して環境面にも配慮している。

■ 物流施設概要

名称:日水物流(株)大阪舞洲物流センター増設棟
所在地:大阪府大阪市此花区北港緑地1-1-12
投資額:46億円
敷地面積:約24,700㎡
延床面積:約16,338㎡
構造:鉄筋コンクリート造5階建耐震構造
設備能力:約24,846設備トン
    :F級22,883設備トン
    :SF級302設備トン
    :SSF級1,661設備トン
トラックバース:11バース(既存棟と合計で40バース)
自動倉庫:806棚
移動ラック:4,943棚
竣工予定:2020年4月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ