アドベル、富士山麓フロンティアパークに新工場

2019年12月5日

 神奈川中央交通の子会社で、広告事業・環境サービス・リサイクル事業など手掛けるアドベル(神奈川県平塚市)は、静岡県小山町に新工場を建設する。11月29日、静岡県と土地売買契約が締結された。

 場所は、富士山麓フロンティアパーク小山(小山湯船原工業団地)区画7-2。投資額は約19億円。土地面積は17,352㎡。工場では、中間処理済みのペットボトルから、プラスチック成形材料としてのペットボトルフレークを製造する計画。

■ 新工場概要

所在地:静岡県駿東郡小山町湯船(富士山麓フロンティアパーク小山 区画7-2)
投資額:約19億円
土地面積:17,352㎡
事業内容:ペットボトルフレーク(プラスチック成形材料)の製造

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ