岡山村田製作所、本社工場増築

2019年12月25日

 村田製作所は24日、生産子会社の岡山村田製作所が新生産棟の建設、厚生棟・エネルギー棟の増築を行うと発表した。

 今回の新生産棟の建設は、電子機器の高機能化、自動車の電装化によるセラミック部品の中長期的な需要増加に対応できる体制構築を目的としている。また、厚生棟とエネルギー棟の増築により、福利厚生施設の充実・生産能力拡張への対応を目指す。

■ 新棟概要

所在地:岡山県瀬戸内市邑久町福元77番地(岡山村田製作所敷地内)

◇生産棟
建築面積:5,306㎡
延床面積:33,262㎡
構造:鉄骨造地上7階
用途:セラミック原料の生産

◇厚生棟
延床面積:3,812㎡
建築面積:1,361㎡
構造:鉄骨造 地上3階

◇エネルギー棟
延床面積:1,706㎡
建築面積:873㎡
構造:鉄骨造 地上2階

厚生棟・エネルギー棟
投資額:約160億円(建物、生産設備含む)
竣工:2020年12月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ