ライオンケミカル、和歌山市内に2工場建設

2020年2月7日

 殺虫剤・入浴剤・芳香剤・洗浄剤等を製造するライオンケミカル(和歌山県有田市)は、和歌山市内に2工場を建設する。

 今回、市場拡大が見込まれる各種商品の製造拠点を集約するなどの生産性向上を図るとともに、省力化、効率化に対応した新たな設備を導入し、生産能力の増強と更なる競争力の強化を目指す。

 同社は、蚊取り線香を製造する工場として1885(明治18)年創業。現在では殺虫剤や洗浄剤、消臭剤など様々な家庭用品を製造している。売上高は72億円(2019年11月期見込み)。従業員数は246名(正社員166名、非正社員80名)。

■ 新工場概要

投資額:約13.9億円(建物・設備)
雇用予定:正社員18名(3年間)
事業内容:殺虫剤・入浴剤・芳香剤・洗浄剤等の製造
操業開始予定:2021年2月

◇有田市
所在地:和歌山県有田市星尾141他
敷地面積:1,265.1㎡
延床面積:1,115.7㎡

◇有田川町
所在地:和歌山県有田郡有田川町上中島204-2他
敷地面積:2,443.0㎡
延床面積:3,780.8㎡

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ