木村工機、東大阪市に工場建設用地取得

2020年4月13日

 空調機器を製造する木村工機は10日、東大阪市高井田に新工場建設用地を取得すると発表した。

 同社は現在、空調機器の生産を八尾製作所(大阪府)・河芸製作所(三重県)で行っているが、近年売上高が順調に増加する中、生産能力の拡大や八尾製作所のリニューアルが必要となっていた。

 新工場の建設により、空調機器の主要部品である熱交換器の増産を図る。また、並行して八尾製作所のリニューアルを行う。リニューアル後には生産能力30%増を予定している。

 新工場の建設時期については、今後の新型コロナ問題等による経済情勢を踏まえて検討し、決定次第開示するとしている。

■ 用地取得概要

所在地:大阪府東大阪市高井田
投資額:約14億円(土地取得に伴う諸費用(不動産取得税、消費税、仲介手数料等)を含む概算金額)
資産の内容:土地
敷地面積:5,456.56㎡
資金調達:自己資金及び金融機関からの借入金
取得先:一般事業法人1社、個人1名
契約締結予定:2020年4月下旬
物件引渡予定:2020年5月~6月
新工場本稼働予定:2022年3月期以降

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ