田辺三菱製薬、小野田事業所に新研究棟

2020年5月29日

 田辺三菱製薬は28日、連結子会社である田辺三菱製薬工場の小野田事業所に新研究棟を建設すると発表した。

 今回、拠点の集約を図りながら、グローバルレベルの新薬供給体制の整備と、環境変化に柔軟に対応しつつ高効率な生産体制の確立を目的に新棟を建設する。

 現在、大阪にあるCMC(医薬品の原薬・製剤の化学・製造や品質管理)研究機能を小野田事業所に移転することで、生産・CMC研究機能の連携を強化するとともに、新技術や新規モダリティに対応した技術拠点への機能転換・強化を目指す。

■ 新棟概要

所在地:山口県山陽小野田市大字小野田7473-2
投資額:約40億円
建築面積:約2,065㎡
延床面積:約9,850㎡
規模:地上6階建
設計・施工:(株)竹中工務店
着工予定:2020年5月
竣工予定:2021年5月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ