肥後産業、霧島市に茶葉の保管倉庫

2020年6月23日

 肥後産業(鹿児島県鹿児島市)は、霧島市隼人町に倉庫を新設する。

 同社は、最新機能を備えた運輸車両を保有し、長距離輸送や九州内の地場輸送、冷凍輸送などの各種運輸事業を展開している。

 倉庫事業については、大型低温物流センターをはじめ、用途に応じた倉庫群を揃え、保管(低温含む)・物流・加工を併せた総合サービスを提供している。

 今回、さらなる需要拡大が期待される、鹿児島県産茶葉の保管・配送業務を主な事業として、本社や自社物流センターとの連携を通じた今後の効果的・効率的な物流体制を構築する。

■ 新倉庫概要

事業所名:(株)肥後産業 空港支店
所在地:鹿児島県霧島市隼人町西光寺字東免2427-25及び27(鹿児島臨空団地)
投資額:約4.5億円
用地面積:11,089.54㎡
建物面積:3,359.72㎡(延床面積)※既存建物
新規雇用予定:30名
事業内容:県内産茶葉の冷蔵冷凍保管・配送等
売上計画:年額約3億円(初年度)
設置予定:2020年6月
操業予定:2020年8月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ